鶏皮味噌

<材料>

・鶏皮
・砂糖
・味噌
・すりおろし生姜
・かつおだしの素
・醤油
・にんにくチップ
・長ネギ←今回入れなかったけど、入れた方が美味しいと思う。

<作り方>

1.なるべく細かく鶏皮を切る。
2.フライパンで鶏皮がカリカリになるまで炒める。
  (目標。無理なら適当にやめる。)
3.砂糖を入れてなじんだら、生姜を入れる。
4.鶏皮が満遍なく味噌で絡まるくらいの量の味噌を入れる。
5.かつおだしの素、にんにくチップをちらっと入れ、香り付けに醤油をパラリ。
  (ここはもう好みなんで。にんにくが強いのが好きなら、好きなだけ入れればいい。
   朝食べないんであれば、もっと入れたんだけどな。
   醤油の量が少ないと味がやわらかめ、
   多いとキツめというか、しっかりというか、くっきりというか、しっかりすると思う。)


器に移す時、油っぽいのが嫌な人は、具をすくって入れるといいかと。
油まで移しちゃうと、ちょっと鶏臭いかも。


スポンサーサイト

絹さやのコンソメスープ

引き続き、そういう訳です(苦笑)。



<材料>
・絹さや
・玉葱
・コンソメの素
・ブイヨン(実は、コンソメとの違いが、色の他はわかってない。)
・コショウ
・塩

<作り方>
①絹さやをとにかく細かく切る。みじん切り。
②玉葱は、薄くスライス。
③沸騰したお湯に、玉葱とブイヨンを入れて煮る。
④再び沸騰したら、コンソメの素を入れて、コトコトと煮る。好きなだけ。
⑤絹さやを入れ、灰汁を取りながら、好みの固さになるまで煮る。
⑥塩、コショウで味を調えて終わり。


お好みで、牛乳を入れると、まろやかになって、ちょっとポタージュていうか、そんな感じ。
そこまでマイルドではないけどね。

絹さやと干し海老の炒め物

ほんとうに絹さやが大量に取れまして、しかも、かなーり大きく成長しちゃってるので、なんとか一度に大量消費できないものか、と。



<材料>
・絹さや
・干し海老(5、6ヶ。極少なくてOK。)
・油
・しょう油

<作り方>
①絹さやを油で炒め、ほぼ火が通ったら、干し海老を入れる。
②しょう油をフライパンへ直接入れて、すばやく混ぜる。
 (絹さやへかけて入れるよりも、蒸発が早い分、香ばしさが出る。)
 (焦げっぽい味が嫌いな場合は、絹さやにかけましょう。)

たけのことワカメのピリ辛スープ

<材料>
・たけのこ
・ワカメ
・ネギ
・すりゴマ
・コチュジャン
・鶏がらスープの素

<作り方>
①たけのことワカメを食べやすい大きさに切る。
②たけのこを湯に入れ、濃い目に鶏がらスープの素で味をつける。
③ネギを入れてコチュジャンで好みの辛さにする。
④ワカメとすりゴマを入れてできあがり。


勿論、溶き卵を入れるともっと美味しいと思うよ。
きのこ類を入れた方が美味しいに決まってるよ。
…お金が欲しい(笑)。

豚肉と大根と水菜のスープ

<材料>
・豚肉(おそらく、しゃぶしゃぶ用だと爽やかな出来上がりになるんじゃないかと。)
・大根
・水菜
・鶏がらスープの素
・塩
・コショウ

<作り方>
①大根は、皮むきorスライサーで薄くスライスする。長さは個人的に8cm位が好き。幅は、その時々で。
②豚肉、水菜は、食べやすい大きさに切る。
③沸騰したお湯に、豚肉を入れる。(灰汁が浮いたら取りましょう。)
④豚肉に火が通ったら、塩コショウで味付けし、鶏がらスープで味を調える。(野菜を入れるので少し濃い目。)
⑤大根、水菜を入れて、味見をして調度よければ出来上がり。過不足は調整する。

なんとなく、見た目が牛テールスープっぽい(笑)。
お好みで白髪ねぎを加えると更に美味しいでしょう。←ねぎなかったから入れてない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。